写真家が捉えた 昭和のこども
Children of the Showa Era Through Photographers' Views

2014.9.12(金)- 2014.11.9(日)10:00-19:00
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
土門拳《笑う子 東京 江東》昭和28年
土門拳《笑う子 東京 江東》昭和28年

展示内容

日本の写真史に名を残す19名の写真家が捉えた子どもたちの姿を通して、戦前から高度経済成長期にかけての昭和史を辿ります。

昭和の64年という年月は、日中戦争から第二次世界大戦、敗戦からの復興、経済成長とまさに疾風怒濤の時代でした。子どもたちを取り巻く環境も、これほど短期間で激変したことはなかったでしょう。

優れた写真家が切り取った子どもたちの姿には、時代の変容が見事に表れています。子どもの写真は、人それぞれが自らの幼い日々を重ね合わせ、記憶をよみがえらせる強いインパクトを持ち時代を浮き彫りにするのです。そして無心に遊ぶ子どもの姿からは、どの時代でも変わらない笑顔があふれ、私たちの心を温かくしてくれます。

本展覧会では木村伊兵衛や土門拳をはじめ、日本の写真史に名を残す写真家の作品170点に写しだされた子どもの姿を通して、戦前から高度経済成長期にかけての昭和の歩みをたどります。社会や子どもたちに向けられた、写真家による様々な視点を通して、対話の弾む展覧会になることを望んでいます。

出品作家

木村伊兵衛、入江泰吉、熊谷元一、土門拳、植田正治、桑原甲子雄、飛彈野数右衛門、
緑川洋一、濱谷浩、山端庸介、林忠彦、井上孝治、岩宮武二、芳賀日出男、長野重一、
麦島勝、田沼武能、熊切圭介、齋藤康一  以上19名

展覧会出品作品より


昭和のこども展イベント ギャラリートーク(申込不要)

講師 ねじめ正一(小説家・詩人)
日時 10月9日(木) 午前11時〜12時
詳細はこちらの「イベント」ページからご覧いただけます。

『写真家が捉えた 昭和のこども』写真集

展覧会にあわせて写真集『写真家が捉えた 昭和のこども』が刊行されています。
会場で販売するほか全国書店でもご注文できます。


寄稿 中川李枝子、ねじめ正一
体裁 B5判 184ページ 並製本 モノクロダブルトーン 全出品作品170点掲載
価格 本体2,400円+税
発行 クレヴィス ISBN978-4-904845-39-4  C0072

交通案内はこちらをクリック

TOPICS トピックス

2014.09.13  UPDATE
写真集「写真家が捉えた 昭和のこども」販売中

特別展「写真家が捉えた 昭和のこども」出品全170点を収録した写真集を会場で販売しています。

 

寄稿 中川李枝子(児童文学者)

    ねじめ正一(小説家・詩人)

B5判 184頁 並製本 モノクロダブルトーン

発行 クレヴィス

価格 本体2,400円+消費税

ISBN978-4-904845-39-4 C0072


2014.05.11  UPDATE
涙にみがかれる魂 多摩に生きた画家 小島善太郎
伝記『涙にみがかれる魂 多摩に生きた画家 小島善太郎』販売中

八王子で40年を過ごした洋画家・小島善太郎の生涯をやさしくまとめた冊子を販売しています。
当館ほか最寄りの書店でも取り寄せできます。(読売新聞紙上で取り上げられました

表紙の絵は八王子の古城趾から多摩川を望んだ風景画。昭和30年に描かれた小島の代表作です

発行 (公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団

発売 揺籃社
価格 本体300円+消費税
ISBN978-4-89708-339-1


INFORMATION ご案内

展覧会データ

特別展
写真家が捉えた 昭和のこども

会期

2014.9.12(金)- 2014.11.9(日)

開館時間

10:00-19:00 入館は閉館の30分前まで

休館日

毎週月曜日
ただし祝日は開館し、翌火曜日休館

会場

八王子市夢美術館

観覧料

一般:500円[400円]
学生(小学生以上)・65歳以上:250円[200円]
[ ]内は15名以上の団体料金
土曜日小中学生無料 未就学児無料

主催 (公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団

後援 日本写真家協会 日本写真協会

企画協力 クレヴィス

出品数

170点
土門拳 48点、濱谷浩 28点、
木村伊兵衛・熊谷元一・林忠彦・芳賀日出男・田沼武能 各約10点、他

「写真家が捉えた 昭和のこども」チラシ