日本画家 加山又造 アトリエの記憶
     ― 水墨画 素描 版画 装丁画 ―
KAYAMA Matazo Memories of the Atelier

2015.4.18(土)- 2015.6.3(水)10:00-19:00
休館日 月曜日 ただし5月4日(月・祝)は開館し5月7日(木)が休館
加山又造《倣北宋水墨山水雪景》絹本墨画 四曲一隻屏風 1989年 多摩美術大学蔵
加山又造 《倣北宋水墨山水雪景》 絹本墨画 四曲一隻屏風 1989年 多摩美術大学蔵

開催概要

現代日本画を代表する一人である加山又造は1927(昭和2)年に、祖父が狩野派の絵師、父は京都西陣の衣装図案家という京都の伝統的な家庭に生まれました。京都市立美術工芸学校を経て、東京美術学校日本画科卒業後は山本丘人に師事し、革新的日本画家として戦後の画壇に新風を吹き込む一方で、截金など古典技法の研究も深めるとともに、多摩美術大学、東京藝術大学で教鞭をとり指導者としても大きな功績を残しています。1997年に文化功労者として顕彰され、2003年に文化勲章を受章しますが、その翌年に76才で惜しくも亡くなっています。
家族から多摩美術大学に、素描を中心に多くの作品および制作資料が寄贈され2005年から2008年にかけて3回にわたり同大学美術館で展覧会も開催されました。八王子市夢美術館では多摩美術大学の協力で、その研究成果を踏まえ同大学収蔵品を中心に加山又造の世界をご紹介いたします。

展覧会出品作品より


日本画家 加山又造 ギャラリートーク(申込不要)

テーマ「加山又造の水墨山水」
講師  島尾 新(学習院大学教授)
日時  5月23日(土) 午前11時~12時、午後2時~3時

詳細はこちらの「イベント」ページからご覧いただけます。

交通案内はこちらをクリック

TOPICS トピックス

2015.05.08  UPDATE

展覧会情報については、こちらからご覧いただけます。


INFORMATION ご案内

展覧会データ

特別展
日本画家 加山又造 アトリエの記憶

会期

2015.4.18(土)- 2015.6.3(水)

開館時間

10:00-19:00 入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日ただし5月4日(月・祝)は開館し5月7日(木)が休館

会場

八王子市夢美術館

観覧料

一般:500円[400円]
学生(小学生以上)・65歳以上:250円[200円]
[ ]内は15名以上の団体料金
未就学児無料 土曜日と5月5日は小中学生無料 

主催 (公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団

共催 多摩美術大学美術館

協力 有限会社加山

企画協力 アートプランニングレイ

プロフィール

加山 又造(かやま またぞう)

1927(昭和 2)年 京都市に生まれる
1940(昭和15)年 京都市立美術工芸学校絵画科入学
1949(昭和24)年 東京美術学校(現東京藝術大学)日本画科卒業、山本丘人に師事
1950(昭和25)年 春期創造展で研究会賞受賞
1955(昭和30)年 養清堂画廊で初個展、銅版画を試作
1966(昭和41)年 多摩美術大学教授となる
1974(昭和49)年 創画会に参加
1988(昭和63)年 東京藝術大学教授となる
1990(平成2)年 BMW社から依頼を受けたアート・カーが展示
1993(平成5)年 「日本加山又造美術作品精選展」が中国で開催
1996(平成8)年 「KAYAMA MATAZO New Triumphs for Old Traditions」が大英博物館で開催
1997(平成9)年 文化功労者として顕彰
1998(平成10)年 「加山又造展」が東京国立近代美術館・北海道立近代美術館で開催
2003(平成15)年 文化勲章受章
2004(平成16)年 逝去