これまでの展覧会の紹介

「レダ」 1968 油彩

東郷青児展 女性礼讃 — 大正そして昭和を駆けたモダンボーイ —
Works of TOGO Seiji
A Modern Boy Running from the Taisho Period to the Showa Period

概要

大正から昭和にかけて活躍した画家、東郷青児(とうごうせいじ)を紹介します。柔らかな曲線と穏やかな色調で多くの女性像を描き、ロマンチックな画風で絶大な人気を誇った戦後洋画界の巨人です。
東郷青児は、10代でヨーロッパ前衛美術の洗礼を受け、フランスで最先端の動向に身を投じます。やがて、前衛的な理論を越えた、優美で親しみやすい独特のスタイルを確立しました。美術は多くの人々が楽しめるものであるべきとの思いから、誰もが美しいと感じる絵画を生み出していきました。
本展覧会では、損保ジャパン東郷青児美術館の所蔵作品から、大正期・フランス留学時代より最晩年に至るまでを、選りすぐりの女性像48点で紹介いたします。

東郷青児略歴

1897年(明治30年)鹿児島に生まれる。本名は鉄春。幼少時に東京に転居
1910年(明治43年)13歳 青児の雅号を用い始める
1915年(大正 4年)18歳 声楽家を目指すが受験に失敗。作曲家の山田耕筰の勧めで個展開催
1916年(大正 5年)19歳 画家の有島生馬の勧めで二科展に出品、二科賞受賞
1921年(大正10年)24歳 フランスに留学。1928年に帰国
1938年(昭和13年)41歳 前衛画家による「九室会」結成。藤田嗣治とともに顧問となる
1960年(昭和35年)63歳 日本芸術院会員となる
1961年(昭和36年)64歳 二科展(二科会)会長・理事となる
1976年(昭和51年)79歳 東郷青児美術館開設
1978年(昭和53年)二科展の開催のため訪れていた熊本で死去

展覧会作品


ギャラリートーク

実際の展示作品をご覧頂きながら解説します。(座席はありません)

展覧会データ

東郷青児展 女性礼讃
— 大正そして昭和を駆けたモダンボーイ —

会期

2010/02/05(金)〜2010/03/28(日)

開館

10:00〜19:00 入館は18:30まで

休館日

毎週月曜日
但し3/22(月)は開館、3/23(火)は振替休館

主催

財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団

特別協力

損保ジャパン東郷青児美術館

企画協力

株式会社アートプランニング レィ

観覧料

「ご利用案内」ページの観覧料をご覧ください